熟女だが綺麗な風俗嬢

どうすべきなのかという話からの結論

欲求不満でした。結婚してからはともかく、子供が出来てからは奥さんとはもはや何もない、いわば「夫婦」であって男女とかじゃないんです。家族なんです。それはそれで幸せな家庭環境だとは思うんですけど、でも男として満たされたいという気持ちが消えた訳ではないので、どうしたものなのかって気持ちはありましたよね。それを実現というか、これしかないだろうってことで思ったのが風俗ですね。まぁありきたりな結論かもしれないんですけど、浮気じゃなく、それでいて性欲だけを満たすことが出来るという点では風俗以上に有意義なものじゃないんじゃないですかね(笑)そもそも、性欲の解消と浮気は同義語というか、同じ意味だと思うんです。でも風俗であれば別々というか、浮気じゃないけど性欲だけを発散させることが出来ることを考えると、むしろ自分のような欲求不満に陥っている既婚者にとっては風俗こそベストアンサーそのものなんじゃないのかなって。

気分転換であり、生きがい

風俗は気分転換にもってこいとの思いから遊ぶようになったんです。遊んでいるとそれだけでも楽しいし、それまでのモヤモヤそのものをすべて吹き飛ばせるんです。ストレス解消、フラストレーション打破。あるいはリフレッシュ。こうった気持ちの面でのメリットが多いのも風俗の良さだと思うんですけど、それが高じて自分の中では風俗は生きがいになりつつあります(笑)ポータルサイトでいろんな女の子を見ているだけでも楽しいですし、モチベーションも高まっていくんです。それは風俗のモチベーションだけじゃなくて人生のモチベーションですよね(笑)風俗で遊んでいると、気持ち良くてリフレッシュ出来るだけじゃなく、仕事へのモチベーションまた高くなるケースもあるんですよ。不思議なものですけど、それもまた、風俗がもたらしてくれるものだと思いますので自分にとっては風俗は楽しみであるとともに、生きがいと言っても過言ではないものなんですよね。